1. ホーム
  2. ダイエット
  3. ≫[HMB] バッキバキを目指している君に朗報!1日1分、2週間でバキバキに!?〇〇が凄すぎると話題に。

[HMB] バッキバキを目指している君に朗報!1日1分、2週間でバキバキに!?〇〇が凄すぎると話題に。

芸能人って何でカッコいいマッチョが多いの?

GacktさんやEXILEのみなさんとか、ちょーかっこいい体をしているのを見て悔しい思いをしているあなた。

指をくわえて見ているあなた。

または隣の彼女がそんなマッチョな体をテレビ越しに観ながら惚れ惚れとしているのを横目に「俺もあんな体になってやるー!」

「…….でもどうやったらあんな体になれるんだ〜?」

なんて思っているあなた!

過酷なトレーニングだけがマッチョへの道ではないのをご存知?

 

トレーニングと言えば、歯を食いしばって腕立て伏せや腹筋をやることと思っていませんか?ましてやうさぎ跳びで近所を一周。なんて昭和時代のトレーニング方法を思い浮かべてはいませんか?

 

そんなトレーニングを日々頑張っていて、本当に効果ありますか?

 

実際はいかに効率よく栄養補給できるかがポイント!

 

では一体どうやったら効率の良い栄養補給ができるのか?

。。

。。。秘密は「HMB」という高効率のサポート成分

 

マッチョな体の仕上がりは20%がトレーニング方法で80%は栄養素で決まるなんて研究結果もあるようです。

芸能人のみなさんが忙しいスケジュールの中であんな素晴らしい体をキープできるのはこの「HMB」という秘密兵器があるからこそスムーズに行うことができているのです。

今やプロのトレーナーさんも勧めていて密かなブームになっています。

 

でもマッチョになるには『プロテイン』じゃなかったの?

これまではマッチョになるために必要なサプリは「プロテイン」が定番だったはず。
それなのに「HMB」とはなんぞや?という疑問が出てきますよね。

この2つの違いを理解していないと筋肉に逆効果なリスクもあります。HMBとプロテインの役割を理解してより効率よく理想の体に近づきましょう。

筋肉が発達する仕組みからプロテインの役割を考える

筋肉は数千本の筋繊維の集合体です。筋トレによって筋肉の筋繊維が破壊されます。
破壊といっても完全に壊れるのではなく小さな裂傷ができます。

この裂傷に栄養素であるタンパク質が供給されて筋繊維が回復することで、いわゆる筋肉は少しづつ発達していきます。

筋肉を効率よく作るにはトレーニングしながら自分自身でタンパク質や脂質、炭水化物などの栄養素の摂取量をコントロールしながら食事管理することが必要になります。
筋肉の生成に必要な成分(タンパク質)を必要なだけ摂取して、筋肉の生成の妨げになる成分は減らしていくということです。

プロテインは一言でいうと「タンパク質」です。プロテインは筋肉を生成するための材料ということです。

もう少し掘り下げると、プロテインのタンパク質は原料となる牛乳・卵(ニワトリ)・大豆から作られます。しかしそのまま体の中へ入っても自分の体の材料として使うことができません。一度バラバラにして自分に合うようにもう一度組み立てて使う必要があります。

タンパク質がバラバラになった1つ1つが「アミノ酸」です。プロテイン(タンパク質)は、このアミノ酸になってから初めて筋肉を作るための材料となります。

よってプロテインの役割は食事では摂取しきれないタンパク質を効率よく摂取するための補給源です。

 

じゃあプロテインをどんどん摂取すれば筋肉が付くの?

プロテインはあくまで食品の一種なので飲んだからといって急激に筋肉が付くということではありません。もちろん筋肉をつけるためのトレーニングありきですがプロテインが効果的に働くタイミングがあります。そのタイミングを通称「ゴールデンタイム」といいトレーニング直後の30分以内のことを指します。

トレーニング直後は筋肉が傷ついて回復しようと栄養素を必要としています。そのタイミングでプロテイン(タンパク質)を補給してあげることで筋力アップに繋がります。

 

じゃあバキバキの筋肉をつけるにはプロテインだけで充分なんじゃないの?

 

そんな疑問が生まれますよね?これから『HMB』とは何かを探ります。

 

HMBとは?

簡単にいうとHMBは必須アミノ酸である「ロイシン」の代謝物質です。
「簡単に」なんていったけど??な人がたくさんいるはず。だいたいロイシンの代謝物質ってなんじゃ?ですよね。

ロイシンの代謝物質とは?

ロイシンとはアミノ酸の1つ。アミノ酸はタンパク質を構成する物質であることは前述しました。要するにこのロイシンが体内で変化する過程で生まれるのが『HMB』ということになります。

HMBの効果は?

  • タンパク質の合成促進
  • タンパク質の分解抑制

プロテインは筋肉を作る栄養素で、HMBは筋肉を作る力を高める成分

HMBは「筋肉を作る」という目的だけに特化した成分だから筋肉生成の効率はアップします。

ちなみにロイシンを摂取すればいいんじゃないの?と思う人もいるかもしれませんが、ロイシンが代謝によってHMBが生成される割合は、わずか5%しかないので直接HMBをする方が効率が良いわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。